mamor2811
 MAMOR11月号が発売されました。
今月発売号のマモルは「戦闘機パイロットを教導する音速の猛者たち」と題し、
全国の戦闘機パイロットに戦闘技術を教える“最強の影”、航空自衛隊「飛行教導群」をご紹介します。

 飛行教導群は、他の飛行隊との訓練の際、敵役を務めることから
通称「アグレッサー(侵略者)」と呼ばれています。
彼らは、さまざまな国の戦闘機の戦技戦法を調査・研究し、
飛行教導訓練においてそれらを模した飛び方を行い、
より実戦に近い戦況をパイロットに体験させ、戦闘能力を向上させる役割を担っています。

 パイロットの模範として絶対的な強さを求められる彼らの自信と誇りは、
ドクロのワッペンに込められています。
日本版「トップガン」の世界に興味がある方は是非ご覧ください!

 ミリタリーレポートでは、海上自衛隊横須賀教育隊で教育を受ける女性海士について特集しています。
 自衛隊では入隊すると教育隊という部隊に配属されて一人前の自衛官になるための教育を受けます。
海上自衛隊では、女性隊員の教育を神奈川県横須賀市にある横須賀教育隊が担っています。
新人隊員に海上自衛官としての基礎的教養を身につけさせ、
国民の負託に応えうる自衛官としてプロ意識を持たせることを目標に教育課程を行っています。
5ヶ月間にわたる厳しい訓練の模様と、団体生活を乗り越え同期の絆を深めてゆく女性隊員の奮闘ぶりをご紹介します。
 ぜひご覧ください!

関連する記事について