平成28年5月16日(月)から5月30日(月)までの間、
陸上自衛隊は、豪州クイーンズランド州ショールウォーターベイ訓練場等で実施された
平成28年度豪州における米豪軍との実動訓練「サザン・ジャッカルー」に参加しました。

本訓練には、陸上自衛隊(東北方面隊第9師団第21普通科連隊)、
米陸軍、米海兵隊及び豪陸軍の3カ国4軍種から合計約700名の人員が参加し、
防御訓練、市街地戦闘訓練、射撃訓練等を実施して戦術技量を向上することができました。

本年度の訓練では、昨年度に比して訓練規模を拡大し、
基礎的な訓練からより実戦的な訓練へと質的な向上を図ることにより、
隊員の練度及び部隊の任務遂行能力を向上することができました。
また、訓練を通じて米豪軍との信頼関係を深化させることができました。

関連する記事について